内側に目を向け、感じるままに [蠍座満月]

May 7, 2020 Tokyo

さそり座で満月を迎えます



満月の配置はいつも、太陽

正反対の位置から引っ張りあって手を結んでいます。

そして、満月には

今まで見えなかったところに光を当てる

そんな意味もあるのです。


さそり座 ♏にあるということから

これまで置き去りにしてきた感情

ちゃんと感じてみることが、ひとつのカギとなりそうです。


このたびはそこから

火星が葛藤の角度をもって

集合体のコミュニケーションを司る場所に位置しています。


仲間の中で

怖れずにしっかりとコミュニケーションをとり、

自分のできることを探し、行動することが必要となるでしょう。


私自身も、オンラインで仲間と手をつなぎ

これまでと違ったアプローチにも意識をもって

進んでいこうと考えているところです。



また、太陽から

穏やかな角度で手をつないでいる海王星

私たちの深層や基盤を示す位置にあります。


私たちの内面に目を向け、

自らがほんとうに望む道を進むことで

身近な人たちとともに切り抜けていかれることを教えてくれます。



4月26日から 

冥王星山羊座♑ゆっくり逆行を始めています。


破壊と再生へ向かうパワフルなこの天体が

順行していたこれまでの半年間

時代は水瓶座の方向へとフルスピードで進んできましたが


ここからまた、じっくりと5カ月間ほどかけて

ここまで目を向ける時間も持てずに駆け抜けてきた道のりを

見直す時として大切に使うこともカギとなりそうです。


その後、2020年の末には

本物の変容へ向けて、時代は大きく進んでいきますから。


この他にも、いくつかの逆行を経験しているこの期間。

とくに5月13日からの金星については、

人間関係で、何が大切であるかを

もういちど問い直してみたいものです。



宇宙からのメッセージ

サビアンシンボル


満月の起こっているさそり座18°は

『豪華な色彩の森』

これは、正反対の位置にある

太陽の、変容を受け容れるメッセージとも呼応しています。


わたしはこのワードから

実り美しさをイメージしました。

満足、充実、そし新たな再生へ。


自分を信じること、

落ちついて自然の中に身を置くこともよいでしょう。

美しい季節ですものね。


信じていきましょう。

自分の内面には、強力なパワーを秘めていること

そして

内面から変容することのできる力を。



凡てにサイクルがあって、

留まっているものは何ひとつないことも忘れずに。



行動制限の中にある今…

意識をあなたの内側に向けてきた日々。


自己受容は、自分を体感で感じることからも実現します。


光の道へ進むとき。

あなたの感じるままに

すべては自分の選択で!


こんなフレーズがありますね。

嫌だはNO

怖いはGO



怖れを超えて

新しい形で進んでいくことが未来につながります。


ゆたかなひとときをお過ごしください。



◆響きあう天体のエネルギー◆

おひとり一人に寄り添って、ヒントのひとつになりますように

田中 みずえさん主宰 Life Revolution Programで

共に学んだ仲間たちと創っているHPです

こちらから、ぜひ

メンバーひとりひとりのプロフィールと

メッセージをごらんください


あなたの強みを活かす!

「持って生まれた強み」で人生をクリエイト -星と色彩の楽しいセッションをお届けします-

0コメント

  • 1000 / 1000