次の大きな章が始まってゆく [夏至・蟹座新月]

~解体から再設定へ~


Jun 21, 2020 Tokyo 

未明に夏至、続いて午後には

かに座で新月、

そして夕刻には部分日食を迎えます


太陽は

金環を伴って刻々と形を変えていきます

中央アフリカから東の広い地域で

太陽の周りの光 -beautiful corona- が

美しい扉となって輝きます。


日常の意識が、根底から変わってゆくとき

同じ配置で夏至に金環日食があった歴史を見渡すと

社会の動きに

共通する強い作用を感じます


…いよいよ光の扉に向かって、船出するとき…

つい今年の初めまでは当たり前だとおもっていた

もう古くなった考えや意味のない慣習はアップデートして。



世界では、これまではなんとか

表面を覆い隠せていたところから

いよいよ直視せざるを得ないことが

大きなうねりとなって表出し

わたしたちが問題の本質へ向かうようにと喚起しています。


奥深くにあって噴出した差別や怒りの問題も

さらに表面化していくかもしれません。


魚座♓にある火星海王星は、

それぞれ全く異質のエネルギーを湛えながら

うまく調整して使っていくことの大切さをも伝えているようです。


夏至ではこの2天体が

9ハウスという国際社会を指す位置にあり、

直後の新月では4ハウス、つまり

個人のホームを示す位置に巡ってきます。


火星のエネルギーを"争いのための闘い"に使うことなく

個人が自分の考えに基づいて

新しい方向へと移行するために使うことを目指したいものです。


地球には今、

これまでの、人類・ジェンダーの垣根を超えた価値の再確認、

そして、ヒエラルキー社会を変革しようとする動き、

もろもろにおいて

平等への風が吹いています



また、社会で起こっていることは

一方で、わたしたち個人の中にも起こっています。


一面で感情の揺れる時期でもありますが

それは、みんなで今を超えていくサイン。

あなただけの不調ではありません


"大丈夫のポイント"は、

けっしてあなたを否定することなく、

内面をしっかり定めて進むことにあるとおもいます。


"身近な人たちとあなた自身を、心地よく

愛と感謝のポイントにチューニングする"

希望をもって進んでみると決めてみるのはいかがでしょう。


宇宙からのメッセージ

サビアンシンボル


新月の起こる場所、蟹座1°は直訳すると

『巻かれている旗が船に掲げられる』そんな絵になります。


イメージは、

チーム・ユニフォームを着て、仲間を集め

独自のカラーを打ち出しての、まさに船出。


つながる人びとを大切にして

共通の目的へと漕ぎ出すことで

今後への土台作りを整えていきたい時期です。


船の向かう先は

"私たちの 新しい当たり前" 


希望の在り処となることでしょう。



◆響きあう天体のエネルギー◆

おひとり一人に寄り添って、ヒントのひとつになりますように


田中 みずえさん主宰 Life Revolution Programで

共に学ぶ仲間たちと創っているHPです

こちらから、ぜひ

メンバーのプロフィールと

メッセージをごらんください






あなたの強みを活かす!

「持って生まれた強み」で人生をクリエイト -星と色彩の楽しいセッションをお届けします-

0コメント

  • 1000 / 1000